教師プロフィール

*河野潤

 1971年よりエネルギッシュに創作活動を行い、数多くの作品を世に生み出す。現代舞踊協会特別新人賞(現ベストダンサー賞)受賞後、東京新聞主催全国舞踊コンクール創作部門において第1位文部大臣賞['74 '75の2回]高松宮賞、文化庁派遣在外研修員としてアメリカ、ヨーロッパで研修後ブラジル10都市で40回公演し、その時の代表作「カルミナ・ブラーナ」で文化庁芸術祭優秀賞。近年は韓国の大邱市立舞踊団に振付師として招かれ、以後毎年の交流公演を行う。

 現代舞踊の舞台活動とともに、ショーの振り付けやステージング、国体や{ゆうあいピック}のセレモニーの演出など幅広く活躍中。

 社会に対する鋭い切り口、エンターテーメント性のある演出と、ドラマティックな作品つくりには定評がある。

      

  ✿ 2016年6月病気のため永眠いたしました。故人の精神を受け継ぎ、今後も舞踊を愛する生徒さんのため、よりよきレッスンを提示し

     舞台創りをしてまいります。

 

*吉田豊子

 現代舞踊協会選抜新人公演はじめ、文化庁助成公演に出演客演。ブラジル10都市の海外公演にソリストとして参加。河野潤ダンストゥループの公演活動を中心として、自作によるジョイントリサイタル「無限の境にけぶるもの・・・智恵子抄」などを発表。

 豊富なキャリアを生かして後進の指導育成に携わるほか、東京新聞主催全国舞踊コンクール・埼玉県全国舞踊コンクール・中野コンペティションなどの振り付け指導に当たっている。

 マーサグラハムテクニックを基本としたモダンダンスクラスは、表現力を養うのに最適。子供クラスも自由な感情表現を引き出せるよう指導している。

前橋 月・水・金     

       モダンダンス・モダンバレエ・クラシックバレエ

     コミュニケーションフィットネス担当

 

*藤原悦子

 日本大学芸術学部演劇学科モダンダンス専攻科卒業。

河野潤ダンストゥループや外部の公演活動をベースに自己の作品も多数発表。河野潤ダンストゥループ公演「flowerExperiens]、DANCEBRUT公演[始まりはすべて続きに過ぎない」2004年都民芸術フェスティバル[OTHERS]など。

 埼玉県全国舞踊コンクールにおいて第3位県文化団体連合会長賞他、埼玉新聞社賞。東京新聞全国舞踊コンクール創作部門において第2位受賞。

前橋 土  

   コンテンポラリージャズ・クラシックバレエ担当